できる力を信じる

「やってもムダ」「できるようにならない」という考え方でなく、利用者様の個々のできる力を信じます。

ラファミド八王子では、地域での生活を通じて、ご本人の目標を引き出し、自分で「できる部分」を積み上げ、自信をつけ、自分で望む生活を手に入れてほしいと考えます。 関係機関のみなさまと連携し、利用者様の意思を尊重したうえで、地域にとけこみ、あたりまえの生活をできるよう職員全員でサポートをしていきます。

「可能性をきめつけない」利用者様のできる力を信じる

  • サービス管理責任者 原島憲和
  • 2020年4月に、グループホーム友サービス管理責任者として異動しました。
  • 1976年生まれ/2010年4月入社
  • 精神保健福祉士・介護福祉士

もっと詳しくみる

-まずは、簡単な自己紹介をお願いします。

原島)ラファミド八王子(以下、ラファミド)でサービス管理責任者をしている原島憲和です。前職は高齢者の介護サービス事業所でマネージャーをしていました。精神保健福祉士の資格を取得していたので、介護よりも精神・知的障害者への支援の興味があり、当事者の方と直接かかわれるような仕事をしたいと思い、転職しました。

-続いて、ラファミドでの役割や仕事の内容を教えてください。

原島)それぞれの利用者様の支援の方向性を決めて、個別支援計画の作成をおこないます。さらに適切に支援できるよう支援員の教育やサービスの管理をおこなっています。

-ラファミドに入居した利用者様はどのような生活をできるようになりますか?

原島)グループホームは入所施設と違い、外出も自由です。お金を使いすぎてしまうなど、失敗することも多々あります。でもそれを踏まえたうえで、支援をうけながら「地域にとけこみ、あたりまえの生活をできるようになる」ことを目的と考えています。障害や病気によって、日常生活のむずかしい方が、ラファミドの職員のかかわりによって、通院・洗濯・掃除・金銭管理・買い物をひとりでできるようになることを目指しています。

-そのために、クリアすべき課題はありますか?

原島)課題は利用者様それぞれですが、障害特性により人間関係でストレスを溜めやすかったり、金銭管理がむずかしかったり、清掃や入浴等の衛生面の維持、日中活動に行くこと等があげられます。 そのための取りくみとして、例えばストレス対処法としては認知行動療法や、金銭管理であれば台帳をつけて、支援計画をたてて、日々の生活費を一緒に計算して徐々に管理期間を延ばしていきます。
日中活動はまず、生活リズムをつけることからはじめます。また課題と向き合うことがむずしい方は、病識をもつことができるように心理教育※1をおこなうこともあります。

※1心理教育

「精神障害など受容しにくい問題を持つ人たちに、正しい知識や情報を心理面への十分な配慮をしながら伝え、病気や障害の結果もたらされる諸問題・諸困難に対する対処方法を修得してもらうことによって、主体的な療養生活を営めるよう援助する技法(心理教育を中心とした心理社会的援助プログラムガイドライン2004より抜粋)」

-利用者様の課題によっていろいろな関わりがあるようですが、行きづまることはありませんか?

原島)あります(笑)でも、常に自分にも職員にも言い聞かせています。利用者様の「可能性を職員が決めつけない」「できる力を信じる」と。支援には答えはないし、これでいいという限度はありません。

利用者様が失敗したときでも、うまくいかないのは本人だけのせいではなく、周囲の関わり方しだいと思っています。

障害は見た目や普通に話しているだけではわからない部分があります。例えば、この人は作業所に週5日あたりまえに通えると思っていても、まったく通えなくなったり、生活費が1週間分は管理できるだろうと思っていても、1日で使い切ってしまうことがあります。

日中活動や金銭管理などは、本人と一緒に目標を立てて、スモールステップで一歩ずつ取り組んでいます。失敗した場合は、個別支援計画の見直しをして、さらに細かいステップに取りくみます。 小さな成功体験を積み重ねることによって自信がつくと、生活費の自己管理、貯金、作業所に週5日通所、一般就労と、できることが増えていくケースが多いですね。

-グループホームという、共同生活ならではのエピソードがあれば教えてください。

ある男性の入居したての利用者様は、日常的に他の利用者様へ因縁をつけて言い争いになり、適切な人間関係を築けませんでした。そこで職員とご本人と話し合い、利用者ミーティングでの話合いで解決をめざしました。共同生活のグループホームでは月に1回利用者ミーティングを開催しています。利用者様同士、共同生活で仲良く生活するために、ルールの確認をしあったり、各利用者様が頑張ったことや取り組んだことを発表してもらったりもしています。共同生活では知らない方と一緒に生活するので、人間関係の問題は少なくありません。共同生活ではそういった人間関係を学んで、ストレス対処法を身に付けていく場所でもありますし、共に頑張っていく仲間を作ることもできる場所だと思います。

-原島さんは多くの職員を育成してきましたが、どんな想いを大切にしていますか?

原島)一番はやりがいを感じてもらうことです。支援者にとって一番の喜びは利用者様のできることが増えることです。ですが、そこまでの道のりは利用者様にとっても支援者にとっても苦しいことも多々あります。利用者様と同じように支援者も乗り越えなければならず、落ち込むことも少なくありません。

そのためには、支援者が専門的な知識・技術・考え方・視点を身につけていかなければいけません。

支援者が技術や知識を身につけて利用者様のできることが増え、やりがいを感じられるよう、縁の下の力持ちのような存在でありたいです。

支援者が輝いていないと利用者様も輝くことができません。職員が生き生きとやりがいをもって働けるような職場にしたいと思っています。

お問い合わせ

個別化 と 自己研鑽 で叶える「利用者の自己実現」

  • サービス管理責任者
  • 矢部亮佑(やべりょうすけ)
  • 2017年8月入社
  • 精神保健福祉士

もっと詳しくみる

-自己紹介をしてください。

矢部)ラファミド八王子(以下、ラファミド)でサービス管理責任者をしている矢部と申します。
前職は、生活訓練事業所で精神障害者の自立訓練(生活能力向上の支援)をおこなっていました。

-生活訓練からグループホームの仕事に転職した理由をおしえてください。

矢部)前職の生活訓練事業所では、地域で生活する障害者の方の生活の一部にしか携わることができず、支援の限界を感じていました。そのため利用者様の生活の場である、グループホームの仕事を通じて、地域で生活する障害者の方のサポートをしたいと思い入職しました。

-社会の中で障害者グループホームはどのような存在だと感じていますか?

矢部)グループホームの役割は、地域の中で安心して生活できる家を提供することであり、人によっては一人暮らしをするためのトレーニングの場でもあります。しかし、利用対象者の方だけでなく多くの人が、グループホームの役割について認知する機会が不足していると感じています。そのため、グループホーム利用の必要性がある方でも、実際にグループホーム利用まで結びつかないケースが存在しているのではないかと思っています。グループホームに限らず福祉サービスについての普及啓発活動をおこない、福祉サービスについて認知度の向上を図っていきたいと考えています。

-普段はどんな仕事をしていますか?

矢部)利用者様の将来の目標設定に合わせた支援のプランニングとして、個別支援計画の作成することがサービス管理責任者の大きな役割です。そして、役職名の通り、職員が適切に支援を行うことができるように教育やサービスの管理をおこなっています。

-管理職として部下の育成はとても難しいお仕事だと思いますが、具体的にどんなことを伝えているのか教えてください。

『個別化』と『自己研鑽』の必要性について部下に伝えています。『個別化』では、利用者様一人ひとりのニーズ(支援での必要性)とデマンド(利用差様から発せられる要求)を把握し、適切な支援を提供することについて伝えています。『自己研鑽』は、日々新しく情報が更新されていく障害や病気に関する知識を学び、支援技術の向上を図れるように伝えています。

-利用者様を「個別化」して、職員が「自己研鑽」ができていると事業所はどうなりますか?

矢部)ラファミドでの生活を通じて、例えば、アパートへ転宅して一人暮らしをしたいなどといった利用者様の『自己実現』を叶えられる、そんな事業所になると思います。

-最後に、利用者様の「自己実現」を叶えるために工夫していることがあれば教えてください。

矢部)利用者様の中には過去の失敗経験から自己肯定感が低い方が多いです。自己実現に向かっていくためには、自分自身を肯定的に評価することが必要であると思います。そのため利用者様が自己実現に向かって進んでいけるように、生活や対人関係の目標や課題をクリアする『成功体験』をたくさん経験していただけるように支援していくことが必要だと思っています。

お問い合わせ

職員同士の働きやすい関係性地域生活を目指して「できる部分を増やす」

  • ラファミド八王子 世話人
  • 古宮 里紗(こみや りさ)
  • 2016年4月入社
  • 社会福祉士・精神保健福祉士

もっと詳しくみる

-簡単な自己紹介をお願いします。

古宮)ラファミド八王子の世話人、古宮里紗です。
大学で社会福祉と精神保健福祉を学び、精神保健福祉士の合格を機に、SHIPの就労継続支援B型事業所エスプリに就職しました。2年間エスプリで職業指導員を経験し、2018年4月にラファミド八王子に異動してきました。

-どうして福祉の仕事に就こうと思ったのですか?

古宮)私の場合はもともと神経症を患っている身内がいたことをキッカケに、精神保健福祉を専攻しました。大学へ入学した当時は、当事者の家族を支援したいと考えていました。大学4年次の援助実習にて、精神障害のある方への支援を学んでいる中で地域支援のフィールドで働きたい気持ちが芽生え、同法人のB型作業所エスプリに就職しました。

-入社当時に思い描いたように働けていますか?

古宮)大学で学んでいたときは、「障害ある方が生きにくいのはこの社会が悪い!社会を変えないと!それが支援だ!」みたいなよくわからない正義感を振りかざしていました。そのため支援の考え方も、『できない部分は支援者が補う』という保護的な感覚が強かったように思います。ところが、SHIPに入社し経験を重ねるうちに、今では障害のある方がこの社会の中であたりまえに生きていくための手伝いができればという考え方に変わりました。そして今では、ラファミド八王子の理念にもあるように『自分のできる部分を増やすこと』が支援だと思っています。

-働いていく中で、利用者様との関わり方を見直したんですね。ラファミド八王子でどんな仕事をしているのかを教えてください。

古宮)買い物・仕事・洗濯・薬の管理など地域社会で生活していくために必要なことがあります。ラファミド八王子では、これらに課題がある場合に個別支援計画に基づいた支援をしています。例えば、行政の手続き関係を一人で行えない方に対しては、自分で書類記入できるように見本の提示だけを行う支援、または市役所に同行し書類作成の補助を行う支援といったように利用者様の能力に応じて支援内容を段階的にしています。他にも、金銭管理や服薬管理を自分で行えるように、障害特性に合わせて管理方法を検討します。利用者様それぞれの課題に対して、『自分のできる部分を増やすこと』を目的として、必要な支援を行っていきます。また、障害によって自分管理が難しい方に対しては、社会福祉協議会や成年後見制度などの社会資源の活用を検討していきます。その際は主治医や訪問看護などの医療分野とも連携しチームで支援しています。

-対人援助職は精神的に負荷がかかる場面も多いと思いますが、どのように乗り越えていますか?

古宮)対人業務が主な仕事なので、気持ちが疲れてしまうことがよくあります。そんな時は、同僚に話を聞いてもらい、気持ちを切り替えています。また、支援で悩んだときも、同僚に相談して客観的な意見をもらうことで、より良い支援の組み立てができています。同僚と良好な関係が築けている職場なので一人で悩まず、周りに相談することで多角的に利用者様を見ることができます。この度、職員の異動などで新しい職員が増えました。新しく加わる仲間が働きやすい環境を作っていきたいですね。

-最後に、利用対象者の方にラファミドのセールスポイントをアピールするとしたらどんなことを伝えるか教えてください。

古宮)ラファミド八王子のセールスポイントは、細かな支援だと思います。ラファミド八王子では日勤・夜勤体制を築いているため、1日を通して、利用者様の様子をみることができます。金銭・服薬・日中活動など、どの部分が課題となっているのかを観察、分析し、その方にあったスモールステップでの支援を行うことができます。また、日々の様子を職員が観察できるため、利用者様と職員がお互いに『できるようになった』ことを実感することができます。

お問い合わせ

人員体制

管理者1名

サービス管理責任者3名

世話人14名

生活支援員27名

夜間支援員12名

※グループホーム友を含める。